2019-6-29 11:09
dns

DNSゾーン編集の基本的なこと

なんとなく言われるがままに設定しがちなDNSのゾーン編集を、浅く簡単な仕組みぐらいは知っておきたいと思ったのが経緯。

DNSのゾーン編集で設定する主な項目は以下の3つ

  • エントリ
  • レコードタイプ
  • データ

ドメインに対して「エントリ」を、「エントリ」に対して「レコードタイプ:データ」を追加していく

エントリ

  • サブドメインを指定する。
    • 「サブドメインなし」の場合は「@」を用いる。
  • 1つのエントリで、複数の「レコードタイプ:データ」を持つことができる。

レコードタイプとデータ

  • レコードタイプとデータは「キーと値」の1対1の関係。
  • 1つのエントリに複数の「レコードタイプ:データ」を持つことができる。
  • 既定のDNSレコードタイプから必要なものを指定して、データを登録する。
  • レコードタイプは色々あるが、主なものは以下の通り、
    • A
      • IPv4 IPアドレスを指定する。
    • AAAA
      • IPv6 IPアドレスを指定する。
    • CNAME
      • エントリに指定したサブドメインの参照先(ドメイン)を登録できる。
      • 例えば、以下のようにすれば、wwwの有無にかかわらず同じサイトへアクセスする。
        エントリ レコードタイプ データ
        www CNAME @
    • MX
      • メールの届け先を登録する。
      • Aレコードに登録済みのFQDN(絶対ドメイン名)を指定する。
    • NS
      • ゾーンに対して権威を持つ権威DNSサーバーを指定する。
    • TXT
      • 任意のテキスト情報を登録できる。
      • ドメインのレコードを修正できるのは所有者だけなので、例えばGoogle指定のテキスト情報をTXTレコードへ登録することで、Googleのサービスに対して所有者の証明ができる。